【大曲花火大会2019】駐車場や混雑状況〜回避方法はある?

大曲花火大会 駐車場や混雑状況 うごく
スポンサーリンク

日本三大競技花火大会の一つとされる全国花火競技大会/大曲(おおまがり)花火大会。

花火師による夢の花火共演を観たいと集まる人の数は約80万人です。

この数字を観ただけで、気がひけそうにな花火大会ではありますが、やはり観たい!!

気になるのは、交通規制や駐車場、混雑状況はどうなのか?ということですよね~。

 

93回 全国花火競技大会(大曲の花火)

秋田県の南東部に位置する大仙市(だいせんし)大曲地区「雄物川河川敷運動公園」で毎年開催される全国花火大会日程は以下の通りです。

開催日:2019831日(土)

開催時間:昼花火17:15~ / 夜花火18:50~

開催場所:秋田県大仙市大曲 雄物川河畔「大曲の花火」公園

打ち上げ数:18.000

 

有料観覧席、アクセス方法についてはこちらをご覧ください。

【大曲花火大会2019】有料席、アクセス詳細~テント設営可駐車場利用法は?

 

スポンサーリンク


 

交通規制

前日(30日)より、かなり細かく交通規制が行われますので、事前にご確認ください!!

ピンク:3015:003124:00

ペパーミントグリーン:3015:00 3124:00

ライトブルー:31 9:0024:00

ベージュ:31 18:0024:00

ライトブラウン:31 20:0024:00

斜線部:31 9:0024:00

赤矢印:花火規制道路

青ライン:主要道路

こちらのマップでご確認ください。

 

駐車場について

車でのアクセスが多いため、他の花火大会とは違って、駐車場はやや複雑となっております。

 

予約できる駐車場

大仙市が管理する予約専用駐車場が4箇所設置されます。

車中泊やテント設営はできませんのでご注意ください。

料金:いずれの駐車場も1区画につき4.000

(各駐車場入口にて現金でお支払いください。)

予約はこちらから

大曲花火大会 駐車場や混雑状況

駐車場場所はマップでご確認ください。

 

私設駐車場(予約可能有料一般車駐車場)

大仙市の管理ではありませんが予約可能な一般駐車場です。

それぞれ、駐車料金や駐車時間が異なるため、よくご確認の上お申込みください。

申込み先はこちらから

駐車場場所はマップでご確認ください。

 

私設駐車場(予約可能有料一般車駐車場)

テント設営可駐車場

市が管理する駐車場で。テントを設営し宿泊することが可能な駐車場です。

遠方者にはとてもありがたい駐車場ですよね。

料金:無料

利用方法、予約方法、はこちらでご確認ください。

 

混雑状況は?

80万人の観覧者が一度に集うわけですから、混雑は避けられない状況です。

特に、高速を利用してのアクセスでは早い時間から大曲IC周辺は混雑します。

(秋田市内からアクセスする場合は、若干余裕あるようですが・・)

行きは、どうにか駐車場に入れても、帰りは、秋田市内まで1時間のところ、渋滞のため4時間ほどかかってしまいます。

インターチェンジ周辺が、どのくらい混雑しているか、ご想像できると思います。

車や駐車場が大混雑ということは、当然、駅も在混雑しますね~。

こちらが、花火大会終了後の大曲駅の様子。

 

 

混雑回避法はあるの?

正直、80万人の帰宅を回避する方法ってなかなか難しいですよね。

方法があるとすれば「テント設営可駐車場」に駐車することかも知れません。

ただ、この駐車場は観覧場所から5kmほど離れた位置にあるため、歩いて1時間ほどかかってしまいます。

往復で2時間ほど、歩かなければいけませんが、翌朝まで車中泊やテント泊して翌朝、渋滞が緩和されてからの移動であれば、そちらの方が気持ち的には余裕が出るように感じます。

花火大会の最中も大混雑、帰りも大混雑、おまけに全く進まない・・となれば、気持ち的に大きくダメージを受けることになります。

そう考えると、徒歩に1時間要しても、翌朝までゆっくり休憩して帰ることができるので、良いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

または、周辺に民泊する!!

大山市では、全国花火競技大会「大曲の花火」開催時に生じる宿泊施設の不足を改善するため、イベント民泊を実施されています。

このようなサービスを活用するのも、混雑回避方法かと考えます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

別地域に車を駐車し、現地までJRでアクセスすることも可能です。

駐車場の混雑は緩和される可能性がありますね。(終了後は、再びJRで駐車場に戻ります。)

詳細はこちらをご覧ください。

 

電車でアクセスされる場合は、観覧場所まで行かずに、駅周辺で花火を観覧して、終了直前に電車に乗ることが一番の混雑回避法ではないでしょうか?

せっかく花火を観覧に行くのに・・という思いはありますが(臨場感に欠けてしまうので)、混雑回避を願うのであれば、その方法が最善策でしょう。

切符は事前に、購入しておくことを強くオススメいたします。

 

スポンサーリンク


80万人の混雑を避けるのはとても難しいですが、アクセスルート、駐車場場所、交通規制、電車であれば電車の時間など、事前にしっかり確認されておくだけでも動きがスムーズになるものです。

ただ、大曲(おおまがり)花火大会は「大混雑」に負けない大きな魅力を持つ競技大会です。

臨場感を味わえる、心の財産を増やせることが大きなメリットとなることも忘れないでくださいね。

事故やケガのないよう、気をつけてお出かけください!!

 

スポンサーリンク


 

・【神明の花火大会2019】日程、アクセス方法~無料シャトルあり!!

・【新潟まつり 花火大会2019】日程、アクセス方法~有料席の購入方法は?

・【高崎まつり花火大会2019】交通規制や混雑状況~回避方法はある?

・【2019みさとサマーフェスティバル花火大会】日程、アクセス、有料席チケット購入法

・笠岡港まつり花火大会2019~おすすめの場所や混雑状況、交通規制、会場周辺について

・2019【広島みなと  花火大会】攻略情報~有料席、混雑状況、おすすめスポット、アクセス方法や持ち物など

・べっぷ火の海まつり2019【花火大会】~有料観覧席、混雑状況、おすすめスポットなど祭り全てを解説!!

 

 

【大曲花火大会2019】駐車場や混雑状況~回避方法はある?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント