【台風10号】2019〜飛行機は欠航? 旅行にも影響が!

【台風10号】2019〜飛行機は欠航? うごく
スポンサーリンク

201986日、台風10号(クローサ)が発生しました。

87日(水)現在、小笠原近海にあって北北西に時速10kmで進んでいます。

このまま予想進路を進めば、帰省ラッシュ時期に日本に接近するもようです。

 

台風10号(KROSA/クローサ)

台風8号、台風9号と2つの台風が存在するなか、新たな台風10号が発生しました。

201987日(水)、午前6時。

台風10号は小笠原近海にあり、北北西に時速10kmで進んでいます。

中心気圧:994hpa

最大風速:20m

最大瞬間風速:30m

 

86日の発生当時から、中心気圧、最大風速、最大瞬間風速とも、確実に発達しています。

直径が約1120キロになっているといいますので、大型の台風だと言えるでしょう。

このまま発達しながら北上する見込み。

 

8月10日(土)現在、中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は50メートルで、暴風域を伴っています。(確実に発達しています。)

 

 

スポンサーリンク


 

日本に近づくのは?

現在の台風10号の様子は、動きが遅い上に勢力が強いために長期化することも考えられます。

8日(木)には、強い勢力まで発達する予想が出されています。

しかし、その後の進路についてはまだ確実ではなく、シュミレーションにもばらつきがあるとのこと。

高気圧の勢力、上空大気の流れによっては、お盆休み期間中に関東、西日本、本州方面に接近する可能性があります。

今後の情報には注意が必要!!

新しい情報が入り次第、追加記載させていただきます。

 

追記

8月11日(日)現在

15日(木)頃には西日本に接近し、上陸するおそれがあるとのこと。

東日本と西日本の太平洋側や南西諸島では、12日午後から高波に警戒が必要になります。(すでに、うねりを伴って波が高くなっています。)

海上で普段より波が高くなるだけでなく、数十分に一度程度の頻度で非常に大きな波が押し寄せて、砂浜や岩場などにいても波にさらわれるおそれがあるため、安全が確保されていない海で遊ぶのは避けましょう。

 

813日(火)現在

西日本から東日本の太平洋側では、13日から雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、台風が接近する前から東から南東斜面を中心に大雨となるおそれがあり、台風の接近に伴って14日~15日にかけては、台風本体や周辺の発達した雨雲が流れ込むため、雷を伴った猛烈な雨の降る所があります。

予想雨量

14日朝までの24時間

東海:300ミリ

近畿:200ミリ

九州南部:150ミリ

四国、九州北部、沖縄:100ミリ

 

15日朝までの24時間

四国:400~600ミリ

近畿、九州北部・南部:300~500ミリ

東海:300~400ミリ

 

 

飛行機フライト状況

飛行機発着場所、発着時刻により、運航や欠航が異なりますので、お早めに以下のサイトより、ご利用される便をご確認下さい。

 

→ JAL(日本航空)(欠航情報あり)

→ JTA(日本トランスオーシャン)

→ ANA(全日空)(欠航情報あり)

→ Solaseed Air(ソラシドエア)

→ FDA(フジドリームエアライン)

→ Jet star(ジェットスター)(欠航情報あり)

→ AMX(天草エアライン)

→ SKYMARK(スカイマーク)(欠航情報あり)

→ STARFLYER(スターフライヤー)

→ peach(ピーチ)(欠航情報あり)

→ ORC(オリエンタルエアブリッジ)

→ IBEXエアラインズ

→ Air Asia(エアアジア・ジャパン)

→ Air Japan(エアージャパン)

→ Vanilla Air(バニラ・エア)(欠航情報あり)

→ J-Air(ジェイエア)

→ SJO(春秋航空日本)

→ CUK(新中央航空)

→ NJA(新日本航空)

→ THK(東邦航空)

→ TAL(東京愛らんどシャトル)

→ NTH(北海道エアシステム)

→ RAC(琉球エアーコミューター)

 

スポンサーリンク


 

各航空会社以外にも、NAVITIMEの「飛行機運航状況」では、どの地域からも全便を調べることが可能です。

→ NAVITIME 飛行機運航状況

 

新幹線でのアクセスについてはこちらをお読みください。

・【台風10号】2019JR新幹線への影響は?

 

台風情報

これから先の台風10号の進路を、随時ご確認ください。

気象庁

→ Yahoo! 天気・災害

バイオウェザーサービス

交通アクセスの利用がなくても、災害対策などの指針になります。

大きな被害を防ぐためにも必要な情報ですよね。

 

旅行や帰省において、飛行機の欠航便が気になるところです。

自然の動きですので、情報を収集しながら見守るしかできませんね。

台風による飛行機(交通アクセス)の影響が出ないことを祈るばかりです。

みなさま、十分気をつけてご移動ください。

 

スポンサーリンク


 

・【台風8号】2019九州~飛行機は欠航?

2019年【台風6NARI(ナーリー)】雨のピークはいつ?どのくらい降るの?

・台風24号本州付近を一気に駆け抜ける予想も?!~自分でできる最低限の台風対策をチェック

・被災(地震、水害)してやらなければいけないこと、必要なもの~被災された方、親戚、知人、支援される方にも読んで欲しい!

 

【台風10号】2019~飛行機は欠航? 旅行にも影響が!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント