台風15号(ファクサイ)2019〜上陸はいつ?交通への影響は?

台風15号(ファクサイ)2019 しる
スポンサーリンク

2019年は、次々に台風が発生しております。

西日本では前線による長雨による甚大な被害をもたらしましたが、自然災害による被害がもうこれ以上出ないことを願うばかりです。

台風15号(ファクサイ)の日本への上陸はあるのでしょうか?

 

台風15号(ファクサイ)

87日(土)、午前3時には小笠原近海にあり、時速35の速さで西北西へ進んでいます。

中心気圧:970hPa

最大風速:35m

最大瞬間風速:50m

中心から半径70km以内では、風速25m以上の暴風域となっています。

台風15号は強い勢力を保ち、暴風域を伴って8日(日)~9日(月)にかけて東日本に接近し、上陸する恐れもあるとのこと。

 

スポンサーリンク


 

97日(土)

小笠原諸島に接近するため、昼過ぎからは猛烈な風、海は大しけとなる見込み。

予想される最大風速は45mということですから、屋外での行動は危険です。

看板が飛散したり、道路標識が傾いたりという被害も考えられます。

また、激しい雨や雷雨も予想されているため、在住の方は早めの対策をとってください。

車での運転も危険です。

 

 

98日(日)~9日(月)

関東、東海にかなり接近し、上陸する恐れがあるとのこと。

7日(土)にはすでに、湿った空気が流れ込むため、三重県、東海地方の南東斜面を中心に雨雲が発達する予想で、激しい雨も降る場所もあるようです。

8日(日)は台風の接近に伴い、確実に雨や風が急激に強まります。

沿岸部では強い風が吹くところもあるので、海岸付近には近づかなよう注意してください。

8日夕方~9日(月)明け方にかけて雨がピークとなる予想です。

 

 

台風15号、上陸はいつ?

台風15号(ファクサイ)2019
画像元

6日の進路予想は3パターンが考えられています。

進路によっては、関東の東、静岡、紀伊半島に上陸する可能性はあるようです。

あくまでも予想で、100%予報ではないため、こまめに台風進路を確認する必要があります。

また、上陸がないにせよ、雨風が強まることは間違い無いので十分な対策、警戒が必要でしょう。

 

 

台風15号による予想雨量

8日午前6時までの24時間
東海 100m
9日午前6時までの24時間
東海 300~400m
関東甲信、伊豆諸島 200~300m
東北 100~150m

東日本では、8日(日)~9日(月)にかけて、激しい大雨となることは確かなようです。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要となります。

こまめな台風情報の確認が欠かせないでしょう。

 

 

交通への影響は?

関東、東海での雨風のピークが8日~9日明け方と予想されているので、進行スピードによっては交通に影響が出ることが十分考えられます。

通勤、通学先、また台風情報をこまめに確認する必要がありそうです。

→台風15号(ファクサイ)情報

 

これからの情報をこまめに確認し、スケジュールを調整されることをお勧めいたします。

どうぞ十分にご注意ください。

大きな被害が出ませんように!!

 

スポンサーリンク


 

・【台風10号】2019~飛行機は欠航? 旅行にも影響が!

・【台風8号】2019九州~飛行機は欠航?

・2019年【台風6NARI(ナーリー)】雨のピークはいつ?どのくらい降るの?

・台風24号本州付近を一気に駆け抜ける予想も?!~自分でできる最低限の台風対策をチェック

・被災(地震、水害)してやらなければいけないこと、必要なもの~被災された方、親戚、知人、支援される方にも読んで欲しい!

 

 

台風15号(ファクサイ)2019~上陸はいつ?交通への影響は?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント