疲れるのは紫外線(太陽)のせい?外出するだけで疲れるのはいや!!〜疲れない方法が知りたい!

疲れるのは紫外線(太陽)のせい?外出するだけで疲れるのはいや!! しる
スポンサーリンク

外に出るだけで疲れる・・。

特に何をしているわけでもないのに、帰宅した途端にドドドーッと疲労感。

ひどい時には頭痛が止まらなくなり、吐き気がすることもあります。

しかも、年々疲れがひどくなる一方なんですよね。

こんな悩みを持っている方、いませんか?

 

紫外線(しがいせん)には種類があるよ

風邪をひいたわけでもなく、特に病気はないのに、外出するだけで疲れてしまうってことありませんか?

暑くなると、特にひどくて子供と遊んであげたいのに、後の疲労感を考えると躊躇してしまいますよね。

それは、紫外線が原因かも知れません。

女性の皆様は、春先から紫外線対策を万全にされてといると想像します。

では、太陽の光が一種類ではないことをご存知でしょうか?

スポンサーリンク


太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線や紫外線などが含まれています。

紫外線(しがいせん)については、ご存じの方も多いですよね。

地表にとどく光の中で最も波長(はちょう)の短いものです。

では、紫外線の中にも種類があるのはご存じですか?

実は、紫外線って波長の長いものから3つの種類に分かれるんですよ。(太陽の光=紫外線ではない!!)

UVC
オゾン層で吸収されてしまうため、地表には到達しない紫外線です。

UVB
UVBもオゾン層で吸収されるものの、一部は地表へ到達してしまいます。

UVBは、私たちの皮膚、眼などに有害で、日焼け、皮膚ガンの原因にもなる紫外線です。

UVA
3種の中で最も波長の長い紫外線。

当然、私たちの体、肌にも届きますね。

この波長の長い紫外線を長時間浴びると、健康に影響が生じる場合もあります。

しかし、UV-Bほど有害ではないとされています。

 

紫外線(しがいせん)をカット

言われずとも、皆様は対処済みだと思いますが紫外線カット、つまり「UV-A」「UV-B」はしっかりとカットしなければならないのです。

それが毎日使っている日焼け止めクリームです。

UVBに比べれば、UVAの方が害は少ないと言われていますが、少ないというだけでどのくらい少ないのか?どのくらい有害なのか?はよくわかりませんよね。

疲れの度合いが違うのは、このあたりの事情もあるでしょうね。

だから、どちらの紫外線からもしっかり防御する必要があります。

スポンサーリンク


日焼け止めクリームには、UVAの防御率を示す「PA」とUVBの防御率を示す「SPF」が表記されています。

もちろん数値が高いほど、防御率も高いわけですが、高ければ良いというものでもありません。

日常生活:SPF20 /  PA+~

外出、外活動:SPF30~40/  PA+++

日差しが強い時:SPF50 / PA++++

海、プール、山などでの活動:SPF50 / PA++++

上記数値を目安にしていただければ良いかと思います。

 

紫外線(しがいせん)から肌を守るには、この数値よりも、むしろ「塗り直し」の方が大切です。

暑い時期は特に、汗をかきますので汗と一緒にUVクリームが剥がれてしまいます。

どんなに数値の高い日焼け止めクリームを使っていても役不足になります。

時間としては、2~3時間おきに塗りなおすことが一番ベストな状態だと言えます。

塗り直し用には、スティックタイプの日焼け止めクリームがおすすめですよ。

紫外線カットは、日焼け止めクリームの数値だけではなく、こまめに塗りなおすことの方が大切です!!

(おすすめ商品は記事下にまとめていますので、ご覧ください。)

 

スポンサーリンク


紫外線がカットできない場合は?

おそらく、皆様が想像されている通りだと思います。

私たちの体には、UVAUVBが直接当たります。

UVAUVBに比べて有害ではないと言っても「比べると・・」ということですから、多少なりとも害は生じます。

というよりも、女性にとっては多大なる「害」です。

 

UVAは波長が長いため、皮膚の奥に届いてしまいます。

肌の深いところにとどいたUVAは、皮膚に弾力を与えるコラーゲンやエラスチン(コラーゲンの繊維を支える役割を持つ繊維)を破壊してしまうのです。

これが、しわやたるみの原因となるのですね。

UVBは、皮膚に炎症を起こして細胞を傷つけます。(ほんとに恐ろしい・・・)

細胞内のDNAには修復機能があるのですが、繰り返しUVBを浴びると働きが弱まってしまうのです。

それはそうですよね、細胞が傷つけられるのですから・・。

細胞は、DNAを守るために、紫外線を浴びるとメラニン色素を作ります。

にっくきメラニン色素も、実はDNAを守るためなんです。

しかし、それが私たちの肌を黒くしシミになるという悲しい結果を招くのです。

紫外線がお肌に良くないというのはこういうことなのですよ。

 

活性酸素まで?

また、紫外線を浴びると自己防衛のため、私たちのからだは活性酸素が発生します。

活性酸素は、他の物質を酸化させてしまうとても強い酸素のこと。

生活習慣病の原因として知られているため、あまり良いイメージがありませんね。

でも、活性酸素は良い働きもしているんですよ。

活性酸素は殺菌力が強いので、体内の殺菌、ウイルスをやっつけてくれているのです。

しかしながら、増えすぎてしまうと、正常な細胞まで攻撃してしまうため「疲労物質」が溜まるハメに・・・。

紫外線を浴びる活性酸素が増える疲労物質が増える疲れる

という順序で悪循環が生まれるわけです。

外出して、太陽(紫外線)に当たるだけで疲れるというのはこういうことなんですね。

 

日焼け止めクリームを塗っても疲れるけど?

お肌に関しては、皆さん抜け目なく紫外線から守られていると思うのです。

日焼け止めクリームでUVカットはしているけど、外出すると疲れる・・・。

太陽(紫外線)に当たると疲れてしまうのです・・・。

なぜ?!

 

太陽の光(紫外線を含む)は、直射日光だけではないんです。

空気中の分子に当たって散乱する散乱光、また壁や地面などで反射した反射光(照り返しと言うこともありますね)、この3方の光を受けているのです。

その割合も恐ろしいもので・・・。

晴れた夏の日、散乱光は直射光の1.5も地表に達するそうです。

 

反射光は、場所により異なりますが、

草地で10%以下、アスファルトでは10%、水面では10~20%、砂浜では10~25%も?!

そして驚くことに新雪では「80%」も地表に達しているのだそうです。

冬、スキーやスノボを楽しまれる方は要注意です!!

 

このように、紫外線を浴びる方向というのは「上(空)」からだけではありません。

ということは、全身が紫外線を浴びていることになります。

油断をしている部分から、UBAUVBが体に入り込んでいるのです。

顔、デコルテ、腕、足だけを守っても不足なんですよね。

もちろん、洋服を通してでも光は入ってくるので、その光により紫外線を浴びます。

特にUVBは細胞を傷つけますから、肌だけではなく「免疫システム機能」も低下してしまうのです。

免疫機能が低下すれば、当然「疲れ」が生じることになります。

 

スポンサーリンク


目は守れていますか?

意外に忘れがちというか、盲点なのが「目」

紫外線は、あらゆる方向から差し込んでくるため、当然「目」も紫外線を浴びています。

動物実験の結果で、目に紫外線を当てると「疲労物質」が血中に増えていることがわかっています。

目が紫外線を浴びても、疲れを生じるんですね。

ご存知でしたか?

 

知人の話をさせていただきますと。

ハワイ旅行に行った時、ホテル内のプールを楽しんだそうです。

その時、太陽の光が燦々としていたにも関わらず、お肌の対策のみでプールに行かれたとのこと。

しばらく遊んでいると、急に目が痛くなって開けられなくなったといいます。

ご本人は、紫外線が原因だろうと話されていました。

慌てて、サングラスを購入されたそうです。

ちなみに、一緒にいた中でサングラスをかけていなかったのはその方のみ。

顕著に紫外線効果が現れた例ですよね。

とても強い紫外線だったのでしょう。

 

極端な例ではありますが、このように目も確実に紫外線を浴びているのです。

目を通して、疲労物質が増えていくのですね。

お肌だけではなく、「目」を紫外線から守ることも疲れないための対処法となります。

オシャレのためだけではなく、疲れないためにもUV加工のサングラスは必要だと考えます。(裏技ですよ。)

持っていないという方は、ぜひ準備されてください。

 

スポンサーリンク


年々、疲れがひどくなるのはなぜ?

人間の細胞は、加齢とともに老化します。

加齢に伴う生理的老化は仕方のないことですよね。

細胞が老化するということは、その様々な働きも低下するのです。

「疲れ」の回復も10代、20代の頃のようにはいきません。

だから、年々疲れがひどく感じられるようになるのです。

年をとることは、ごく自然なことですから覆すことはできませんが、少しでも疲れを残さないように工夫(アプローチ)することはできます。

日焼け対策はもちろんですが、疲れに耐えられる体力を維持することがとても大切です。

 

適度な運動を心がける
暑いからといってエアコンの効いた部屋ばかりで過ごすのではなく、気温が低い朝の間にウォーキングをしたり、掃除で汗をかいたり、散歩をしたり、適度な運動を行うことも必要です。

 

栄養バランスの整った食事
暑いからといって、食べやすいアイス、ゼリー、ジュースなどばかりを食するのではなく、暑いからこそ体力を維持するためにバランスの良い食事を摂ることも必要です。

 

良質な睡眠
健康を維持するためには、心と体をゆっくり休ませることも必要です。

質の良い休息をとれなければ、心と体がリラックスできないため、健康維持は難しいと言えます。

 

ビタミンCの摂取
紫外線を浴びて活性酸素が増えると、ビタミンCが失われてしまいます。

抗酸化作用のあるビタミンCが、活性酸素を中和させるために使われるからです。

そこで、体内にビタミンCを摂取することが必要です。

赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、パセリ、レモン、ケール、アセロラはビタミンCを含む食物として知られています。

また、サプリメントでビタミンC摂取するのも有効だと考えられます。

(おすすめ商品は記事下にまとめていますので、ご覧ください。)

スポンサーリンク


ビタミンB群の摂取
元気を出すために必要なのが、ビタミンB群ですね。

エネルギーを作るために、ビタミンB群は欠かせないのです。

ビタミンBの不足も「疲れ」を引き起こす原因となるので、意識的に摂取するよう心がけましょう。

ビタミンBを含む食材の一部

B1・・豚肉、大豆、うなぎ、焼きのり、グリンピースなど。

B2・・豚、レバー、焼きのり、アーモンド、うなぎなど。

B6・・にんにく、まぐろ、牛、かつお、鶏肉など。

B12・・しじみ、あさり、味付けのり、牛、いくらなど。

もりもり食べて、疲れを残さない工夫が必要ですよ!!

 

いかがでしたか?

疲れる原因の一つに「紫外線」があること、食事も含め、普段の紫外線対策を万全に行わなければいけないことがお分かりいただけたかと思います。

でも、繰り返しますが「紫外線(しがいせん)」はデメリットだけではありません。

体内の殺菌、ウィルスをやっつける働きを持ち、ビタミンDの生成を働く役割も果たします。

ビタミンDはカルシウムの吸収を高め、骨や歯の健康を保つために不可欠な栄養素です。

ビタミンDを生成するためには、朝陽が有効だそうです。(これも裏ワザ!)

朝、15~20分の軽い運動をすれば、体力作りもでき、ビタミンDも生成できることになります。

カットするだけではなく、時間帯によって浴びることも必要なんですね!!

 

5月~7月はUVBのピークだと言われています。

疲れを残さず、疲れを溜めず、紫外線と上手に付き合っていきたいですね。

スポンサーリンク


紫外線対策にオススメするもの

ベビーボーン(BABY BORN Face&Body Sunscreen

ウォータープルーフの日焼け止めクリーム「SPF50 PA++++」

化粧下地や子どもさんにも使えるので、プールや海にお出かけの時に欠かせません。

shushupaint(シュシュペイント)

SPF50 PA+++」の効能を持ちながら、子供さんにも安心して使えます。

肌の弱い方にもオススメです。

→ スーパー バイオC バッファード

ビタミンCが2粒にたっぷり1000mg!!

ビタミンCを確実に摂取できるため、喫煙、飲酒をされる方にもお勧めです。

Lippomix(リポミックス) 

ビタミンCが1包にたっぷり1000mg!!

美容効果(アンチエイジングなど)を期待する方にはこちらもおすすめです。

 

・おすすめの「プチプラ日焼け止め」5つ ~ 紫外線デメリットで後悔しないために!!

・毛穴の開きや黒ずみをなくしたい!!~密着泡でお肌を柔らかく汚れを吸着【どろあわわ】洗顔~お肌「トゥル~ン」になります!

・プチプラ化粧品 スキンケアで美肌を目指す ~ 母娘3世代で使って厳選した結果は?

・デパコス派? プチプラコスメ派? ~ お気に入りのコスメブランドにめぐり会いたい

・女子力を上げるための方法 ~ 年齢を重ねるほど美しい女性になるには?

 

疲れるのは紫外線(太陽)のせい?外出するだけで疲れるのはいや!!~疲れない方法が知りたい!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント